Oライン(ヒップ奥) 実際の施術について

Oラインとは「ヒップ奥」とも呼ばれますが、ようは「お尻の穴の周り」です(*ノдノ)

 

Iラインの恥ずかしさも相当なものですが、Oラインはさらに……恥ずかしいですね☆

 

でも、毛むくじゃらのアソコを彼氏に見られるよりは100万倍マシだと思うので、がんばって脱毛してまいりましょう!
ここでは、そんな嬉し恥ずかしなOラインの脱毛施術がどのようにおこなわれるのかを紹介しますね♪

 

まずOラインは、自分でシェービングする必要はありません。
もし、Oラインのシェービングを自分でやってこいと言うエステがあるなら、そんなの鬼畜すぎます(´・ω・)
自分でできるという人もまれにいるようですが、危険なのでエステサロンにお任せしましょう!無理にシェービングして肌を傷つけてしまったら施術を断られることもあるので、無理したらダメですよ☆

 

エステに着いたら紙ショーツに履き替えて、ベッドにうつ伏せになって施術します。
はじめにシェービングをして、そこからは通常通りに、ジェル塗布→照射→アフターケアと進みます。

 

Oラインは肌が敏感なのでジェルがとっても冷たく感じるかもしれませんが、ちょっと我慢してくださいね♪
ジェルを塗布したら照射しますが、Oラインはとっても範囲が小さいので、すぐに照射は終わります。
照射が終われば、肌に残ったジェルをふき取って、照射した部位を冷やし、最後にローションを塗布してもらいます。

 

ちなみに、Oラインの施術はただうつ伏せになるだけではできません……。

 

そう、紙ショーツをずらして、お尻のお肉を広げないと、お尻の穴は見えませんよね(*ノдノ)

 

 

「Oラインの脱毛ってお尻の穴まで見られるの!?」と不安になるかもしれませんが、ここは仕方ない!見えます!
でも、これだけVIO脱毛が人気だということはスタッフも見慣れていますし、それだけ人気があるということは、あなたと同じように恥ずかしさを感じながらも、勇気を出して通っている人も多いということですよね?
通いだすと案外慣れるものなので、はじめだけ少し勇気を出しましょう。

 

Oラインは範囲が小さい分、長時間見られるわけでもないですから、「恥ずかし〜(。>Д<。)」って思っているあいだに施術は終わっちゃいます。Oラインにムダ毛がたっぷり生えている方が恥ずかしいと思うので、脱毛にはがんばって通いましょうね☆